丸損ということではない

Posted by someone - 6月 29th, 2014

株式投資でも外貨投資でもギャンブルと違うところは
丸損ということではない
ということだと思います。

株価が下がっても買った値に対しどれだけの暴落があったかということとなり、
その差の分だけ手放す時に損をするということです。

FXだって外貨取引での差損の分だけ損をするということになります。

株式の場合持っている株券などが有価証券となりあ使い方としては金券のようなものです。
それに付随するのが株主配当金というものとなりますので、
暴落したからといってその株が一銭の価値がなくなるというものではありません。

FXにしても同じです。
外貨を買う形となります。
ただし、差益を得るためにはじめられる方が多いため、
差損となった時には丸損をすると勘違いしているのです。

ギャンブルだとどうでしょう?
お金をつぎ込んた分に対し、それを超える損をすればまるまる無くなるということとなりますので、残るものはないということになるのです。つまりは金券のようなものを買ったわけではないので、すっからかんになるということです。

Blog Home